無職はつらい!!ネガティブな感情を抑制する方法

無職になると本当につらい・・・

今これを見られている方も無職だったり、転職を考えていらっしゃる方もいるかと思います。



僕は今26歳で無職期間が現在1か月少し過ぎたところです。
最初はすごく楽しくて少しの間の夏休みだという感覚でした。ダウンロード (1).jpg

やった~~~!!最高!!めっちゃ楽になった。
初めはこんな気持ちでゆっくりしようと考えられました。
事実少しの間いろんなことに興味が出て、いろんなことを勉強しよう!!とかも思いました。

もともと大阪で働いていたのですが、最近転職をして転職先が東京にしかなかったので、引っ越してきたばかりでした。
そこで早期退職をしてしまい、こんなことになってしまいました。
でも、早期退職はやばいって聞くけど、年齢も若いし大丈夫だよねって思ってました。(それよりも早めに辞めてリセットしようって感じでした。)
1か月東京で仕事探ししてみてだめなら実家の関西に戻ろうと思ってました。
一応転職サイトにも辞めてすぐ登録して求人の確認もしてました。





ところが・・・
コロナという事と年末年始に差し掛かるということで求人が少なかったり、
スケジュールがうまく決まらなかったり時間はあっという間に過ぎていきました。

気付けば1か月はらくらく過ぎていました。
あれ・・・?どうしよう。仕事決まらないぞ?大丈夫か?

そんな日々が始まり、何も手につかず、友達に逢えないし(逢っても辛い・・・)
家にいる日々がずっと続きました。(そもそもコロナで家出れないし・・・)

たまに公園や浅草に行ったりして気分転換を図るのですが、
解決にはならないので、僕は何をしているのだろうかと感じることが増えてきました。

また、その時間で次こそは長く働ける会社に勤めるぞと思っているので、
自己分析もきっちりやるつもりが、日が経てばぶれてきたり、条件もっといいとこないかなとか欲張ったり。
自分でもどうしたいのか狂いそうな日々でした。(今もそうだけど・・・)



とまあそんな中で、同じ境遇にいる人に届けばいいな~と思ってブログを書いております。
大丈夫。止まない雨はないっていうし、皆さん能力と才能に恵まれています。
サラリーマン40年以上ある中の1か月や半年くらいです。
その気になればきっと取り戻せる。自分に欲張りに仕事を選びましょう。
結局エージェントや会社は辞めても責任は取りません。

でもやめれば次の就職先は厳しくなってきます。
だからこそ、自分に正直に自分の足でここならやっていけるところを探していきましょう!!



前段が長くなってしまいましたが、今の期間家にこもる人もいると思いますし、自分のお金がどんどん無くなっていく恐怖と
戦ったり、不安が尽きないと思います。

そこで、僕自身が今個人的にやってみてよかったことを書いてみます。
参考にしてくれるとありがたいです。

■やってみたこと
・勉強(僕の場合はFPの勉強を始めました。)
・映画やテレビでモチベーションを保てるものを見る
・散歩
・企業とのカジュアル面談


一個ずつ説明しますね。

●勉強
僕の場合はFPの教材を去年購入しましたが、一向にやっていなかったので、いい機会だと始めてみました。
税金の事や保険のことなど今まで適当に思っていたことが色々あるんだな~とか学ぶいい機会で
すごく楽しいと思えました。
皆さんもこのタイミングで何か知識・スキルを身に着けておくといいかもしれません。
やり始めると楽しいですよ!!

●映画やテレビでモチベーションを保てるものを見る
これは色々な方にお勧めされたのですが、初めは無視してました。
でも実際、映画を見てみるとその時間は集中できますし、
何より次頑張ろうと思えます。しかも、映画って話題作りになったりしますしね。

僕が見た中では、ザ・エージェントマイインターンがすごくよかったです。
幸せのちからも勇気をくれますね。
考え込んでもしんどくなるので、ぜひ映画で自身を勇気付ける一作にであってほしいなと思います。(アニメもありです!!)

●散歩
お金もかからず、時間も余っていると思うので散歩はありだと思います。
僕は往復2時間かけて浅草まで歩いていきました。
他にも公園で走ったり、少年野球を眺めたりしてました。
その間、問題が解決するわけではないので、家に帰ってから考えてしまうケースもありますが、
自分自身の考えや思いを整理するいいきっかけになるかと思います。

また、いいところは他にもたくさんの人がいて、色んな働き方やいろんな仕事があるんだって
普段は気にしないことも目に入ったりします。
暗いときは日光を浴びて、すっきりすることも大事ですよ!!

●企業とのカジュアル面談
個人的には結構好きなんですが、企業との面接って緊張したり、形作るケースって多いと思います。
その中で、自分に合う企業を見つけるのって結構難しいですよね?
そこで僕はまず話を聞きに行ける企業で興味を持った会社には連絡をするようにしました。

その中で3,4社ほど面談をして自分自身の想いも企業に惜しみなく伝えることができました。
逆にこの思いに共感してくれて、なおかつ自身に興味を持ってくれたとすれば、
そこの企業で決めてもいいくらいの気持ちでした。

ただ、気をつけなきゃいけないのは企業も仲間を探しているということです。
カジュアル面談と言いつつ、結構見てますからね・・・

僕の気持ちを知ってほしいと話過ぎると、話長いって言われません?
って言われちゃいました。

いや、そりゃ知ってほしいから長くなっちゃうやーんって思うんですけどね。
でも、気軽に話を聞きに行けるのって結構貴重ですし、
中には社長さんが出てくるパターンもあるのでこれはあまりできないことかと思います。
僕が利用していたのはWantedlyさんです。

結構面白いですし、少しでも企業は見たほうがいいので、利用して場数を増やすに越したことはないと思います。
エージェントを信用するのもありですが、最後決めるのは自分。
結局自分を良く知っているのは自分なんですよね。

だから自分で動くことも大事だと思います。



■おわりに

僕は今月まで東京で転職活動を続けようと思っています。
自分自身を成長させてくれる企業に次は行きたいと思っているので、
妥協はしたくないと思っています。

でも、不安はつきまといます。
だからこそ一歩一歩自分にできることはやり切って、
理想の会社に出会いたいと思っています。

皆さんもあまり自分をいじめず、自分の全てを出したうえで
自分を取ってくれる会社に出会ってください。

早く働かないと!選んでいる余裕も実績もない!・・・かもしれません。
でも焦りも禁物。
就職は恋愛と言いますが、何度も別れを許してくれる実際の恋愛とは違うので、
理想をできる限り追い求めて頑張っていきましょう。
その為のスキルアップ等は忘れずに。

頑張りましょう!!





この記事へのコメント